• プレミアムタクシー
  • 協会新キャラクターご紹介
  • タクシーコンシェルジュ
  • アビスパ福岡応援タクシー
TOP > タクシー協会について
福岡市タクシー協会 概要 タイトルバー
福岡市タクシー協会は、タクシー事業の使命である安全輸送と接客サービスの向上を柱として活動を行っています。 タクシーは、お客様の必要に応じて「いつでも、どこからでも、どこへでも」のドア・ツー・ドアの輸送を24時間営業で 行っており都市生活に欠かすことのできない役割を担っております。

アビスパ福岡応援タクシー 登録証
一般社団法人福岡市タクシー協会
福岡市博多区比恵町11番1号 福岡市タクシー会館5F 【MAP】
TEL 092-434-5100
FAX 092-434-5123
活動内容タイトルバー

違法駐停車防止対策の推進

  • 市内の交通要所における違法駐車を防止するため、各所にタクシ−乗り場を設置し、利用者利便と交通渋滞の解消など道路交通秩序とマナ−向上に努めております。
  • 中洲地区には、複数のタクシ−乗り場を設けております。渋滞解消のため、 タクシ−乗り場に待機中のタクシーをご利用願います。

交通事故防止対策の推進

  • 春、夏、秋、年末年始の交通安全運動、年末年始輸送安全総点検をはじめ、業界独自に「無事故コンク−ル」「さわやか運転」「シ−トベルト着用」「違法駐停車防止」などの 運動を推進、指導員研修会の開催等を通じ交通事故防止に努めております。

利用者利便向上対策の推進

  • ワゴンタクシ−、ジャンボタクシ−、ケアタクシ−、患者輸送タクシーなどを導入し新しい分野での輸送力を増強しております。
  • 空気清浄器、点字シ−ルの表示、タクシ−プリペイドチケットの発行、運賃料金精算器の設置など利用者ニ−ズの多様化に対応しております。
  • 「明るい挨拶・サ−ビス向上運動」「忘れ物防止一声運動」「観光乗務員研修会」などを通じ利用者サ−ビスの向上に努めております。
  • 「緊急無線通報制度」「こども110番通報制度」など民間パトカー的役割にも努力しております。
福岡市タクシー協会 沿革タイトルバー
昭和31年 6月 福岡市内において、タクシ−事業を経営する36業者をもって、「福岡地区タクシ−連合会」として発足。
昭和32年 4月 「福岡市乗用自動車協会」に名称を変更。
昭和39年 6月 事業者75社、1,731台を容して社団法人の認可を取得、その後、福岡市周辺郡部協会を統合。
平成 7年 7月 今の時代にふさわしい、わかりやすい、親しみやすい「福岡市タクシー協会」に名称を変更。

今日では法人100社、4,467台、個人1,706台の計6,173台、に発展を遂げております。(平成24年2月末現在) この間、好、不況、オイルショック、マイカ−の普及、地下鉄の開通と経営環境の目まぐるしい変化に対応してきました。 平成元年の「アジア太平洋博覧会」平成7年の「ユニバ−シア−ド福岡大会」その他の国際会議、国際スポ−ツ大会などコンベンションの開催にあたっては、 業界の総力を結集し、利用者の輸送サ−ビスにあたり皆さんから高く評価されました。